24番目の風来日記
風来のシレン5や4+を主にやりこみ知識・経験・検証・近況などを載せていくところ
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
ダンジョンの攻略法がひとつに限らないところがシレン5のいいところだと思っています
shiren5.jpg

経験が浅いうちは昼盾ゲーと呼ばれることもありますが昼盾があったからといってそれだけでクリアできるゲームではないです
たとえ昼盾があったとしても90F台の敵を攻撃で倒すまでに3~4ターンかかる程度の火力では厳しいものもあります

個人的にシレン5の昼ダンの攻略法は以下のように考え原始などプレイしている最中はそれを目指してアイテムを集め温存等考えながら進めています
※一応シレン5にはスーパー状態がありますが不確実な上維持するためにワナチェックなど面倒なことはしない派なのでこの欄にはいれません

①火力を上げる
②ダメージをくらいにくくする
③回復アイテムをたくさん蓄える
④矢を大量に手にする



それぞれについて詳しく紹介していきます

→追記 より詳しい原始に続く穴の攻略記事が完成しました
①火力を上げる
いくらシレンというゲームが拾える道具を有効に活用するといっても直接攻撃がメインになっているのはいうまでもない
よって直接攻撃で与えるダメージを底上げできれば道具も温存でき攻略が相当楽になります
与ダメを底上げするものは

力を上げる 特効印 戦神の斧
金食い虫の剣
呪い師の腕輪の会心効果
攻撃の盾


ちからを上げることは矢の攻撃力も上がり 矢+直接攻撃で倒しやすくなります 力12以上になれば十分強い方
ちからだけでも攻撃力は大きく上がるため ちからの草を祝福してでもあげておきたい要素
ちなみにちからは偶数を境目に与ダメが増加します (8=9 → 10=11 → 12・・・)

特効印は特定の敵に少しだけ有利になる感じで見違えるほどの効果はないが3発かかる敵を2発で抑えられるのは地味に大きい
ただ異種合成と簡単に揃えられるため印として入れられるだけ入れるといった感じ
戦神の斧は不確定ながらデメリットなく会心効果が得られ案外発動し1体の敵を1~2ターンで倒しやすくなるため個人的に好きな印(ただし店売り限定)
以上のこれらだけでは劇的な攻撃力の底上げまでには至らないが以下紹介するものと合わせることで敵が一撃で倒せるようになったりと重要な要素であることには変わりない

これから紹介する装備は攻撃力の底上げを大幅に行えるものであり同時に相応のデメリットも抱える代物となります

金食い虫の剣はギタンを消費して攻撃することで与ダメを増加させるもの
メイン剣にすると成長すればするだけ威力も上がっていき最終レベルはこの剣だけで
50Fくらいまでの敵は大体1発 2発よりも多くかかる敵はほぼいないというパワーを誇る

印として使うと1発は厳しいが適当な武器でも2発以内で敵を倒しやすくなる
成長も早く印も一気に増えるため合成できる状況なら金銭面以外いつでもメインにしやすい
力や特効印と合わせることで深層あたりの敵も一撃に一番しやすい最強の剣だと思います
デメリットは消費するギタンが尽きれば素手同然の攻撃力に落ちるところ
メイン運用する場合は最終レベルで1回240ギタン(印にしたら30ギタン)と店で泥棒していかないと足りなくなるレベルで減ります
泥棒できない位置の店では高額な買い物も控えなくてはならなくなり立ち回りがガラりと変わってきます 大体7万ギタンくらいあれば安心できるでしょう
さらにシレン5には金滅の巻物があり読むと致命的な状況に陥る
この巻物が未識別状態なら拾った巻物は容易に読めなくなるため注意が必要

呪い師の腕輪について
壺の外に出してある道具封印・呪いの道具につき会心率が上がる腕輪
腕輪2個装備の共鳴で2つ装備した場合呪い9個で100%会心 1つなら18個
単純に攻撃が会心になることで約2倍の威力が得られるのに加え矢にも会心効果が出るため攻撃力が一気に上がる
デメリットとしては会心のための封印された道具は飾りのようなものなので使用できる道具欄が減るというところ
保存の壺がないと持てる道具が少なくなりすぎて運用できないイメージもあるが
持てない以上に簡単に攻撃力が上がる影響は大きく壺縛りでも案外何とか運用できたりする
5 原始 壷 呪い師

欠点としては共鳴装備と腕輪2つ揃えること あと3000腕輪で鑑定がやっかいなところか

攻撃の盾について
盾の防御力を剣の攻撃力に上乗せする能力の盾
攻撃力は上がるがこれだけでは敵を一撃にするのは不可能でさらに盾の防御力が0になるデメリットがあるため単体では運用しないほうがいい
後に挙げる被ダメ割合軽減盾があれば防御力0の影響は少し抑えられる なければ後半の敵から1発70以上喰らうことになり防御面でなかなか厳しい状況になる
真価を発揮するのは上記2つの装備と合わせることでエリズガゴンも一撃で倒せる圧倒的な火力を手に入れられること
単体では決定力にならない分紹介した上2つのものと比べると結構劣る


②ダメージをくらいにくくする
シレン4や5はそれ以前の作品と比べ回復仕様が変わり最大HPが上がるほど回復率が落ちるようになったため
見える敵を一掃して次の敵が来るまで足踏みで全回復というような立ち回りはできずしっかり回復アイテムを使わないと回復できなくなっています
そのため敵から攻撃をくらいまくればすぐに回復アイテムも消費することになり昔の感覚で進むとすぐ倒れることに

倒れないようにするためにはダメージをくらいにくくすること
これはシレンの大原則として上に上げた「①火力を上げる」も敵から攻撃される回数を減らしダメージをくらいにくくする意味でこれに含まれるがそれだと全部含まれてしまうので別に分けることにする

ダメージをくらいにくくための簡単な要素は
状態異常印
かまいたち
札杖
ダメージ軽減盾
気配察知の腕輪

辺りでしょうか

状態異常印は発動するだけでその敵は大体無力化できる
発動率はあまりあてにするものではなく攻撃してたらたまにラッキー程度で考えているゾウには注意が必要

かまいたちについて
敵を通路の角等から攻撃することで通常より1回攻撃できる機会が増やせる
2発で倒せる敵ならそのまま倒すこともできるし状態異常印の発動率も単純に上がり敵を倒しやすくなる

札杖について
いわゆるガチらないと表現される戦い方
普通に攻撃して2~3発かかる敵も札杖の効果を当てれば1発で無力化し倒せるというもの
敵の処理はオーラも消せ状態異常の種類が確定している札が適任
札は外れる可能性が直接攻撃より大きいがそれでも当たればその敵は1発ということを考えれば2発以上かかる敵を倒せる期待値は直接攻撃より大きい
杖はどちらかというと緊急回避用で効果が必中だが有効なものが札よりも手に入りにくくその場しのぎにするにはややもったいない
どちらも消耗品なので階層やHPと残りの回数と相談しながら消費して有利に進めていくのがいい
札についての評価の記事もあります


ダメージ軽減盾について
ダメージを盾の強さではなく盾の効果から割合で軽減するもの
シレン5では昼の盾 金喰い虫の盾 イチゼロの盾の3種類が存在する
軽減率はレベル1でそれぞれ約 2割 1割 5割
      最大レベルで      6割 5割 9割 くらいか

この中で一番強いと思われるのが昼の盾
昼しかないダンジョンでは夜の被ダメが増えるデメリットなんか関係ない
何も考えずそのままの運用で問題ない
腕輪2個装備のような共鳴効果を持たないためその場しだいだが
拾えればいつでもメイン筆頭にできる盾

金喰い虫の盾は昼も夜も同じ軽減率を誇るため昼の盾より低くその夜がないため昼の盾より劣る
成長の早さと印数の多さが昼の盾に勝るところだが大器晩成を考えると昼の盾より優先する意味はない
もちろん昼の盾が拾えなかった場合この盾はメイン運用で活用すれば頼もしい存在になる
金食い虫の剣と同様のデメリットがあるが敵から攻撃を受ける場合と攻撃する場合は頻度が全然違うため2万ギタンほどあれば十分
ただし金滅の巻物はどうしようもないため巻物は使いにくくなる

軽減率だけ見ればイチゼロの盾だが常に効果を発動させるのは不可能のようなもので発動を意識するもののおまけ程度に考えている
考えて発動させればかなり道具を節約できるがいつでも気にせず使える昼の盾金食い虫の盾に比べれば劣る
レベル6で変換盾の能力もつくが成長が遅いためガラ上流階層までに育て上げることを狙うには稼ぎ必須

気配察知の腕輪について
通路での先制攻撃を受けない 先に見える敵を戦わずにスルー 矢で遠距離先制攻撃 いちしの杖と合わせて階段察知などと
挙げればキリがないほど応用の利く最強アイテム
手に入れれば一番クリアに近づくといっていいほどの効果をもっているがシレン5では店売り限定なためこれをアテにして冒険を進めるわけにはいかない
気配察血というまがいものなら中盤から床落ちで拾えるようになるがデメリットゆえつけっぱなしにできないので当然本物よりは劣る
気配察血でも十分強いが腕輪のつけ外しは正直めんどう 単純に先に見える敵を角で待ち構えながらかまいたちで処理していくと楽


③回復アイテムをたくさん蓄える
そのままの意味ですね
背中の壺[5]などたくさんの回復アイテムを持っていることで多少のゴリ押しも可能
中盤工夫して回復アイテムを温存し終盤の勝負どころで使っていくよう立ち回るのが理想
復活の草もシレン5では手に入りやすく終盤間際のFo-UZZからも複数手に入る可能性があるので余裕があれば磐石な体制を作るため狙うのもあり
Fo-Uは痛み分けの杖や封印状態にしたりあかりの巻物からの通路待機で殴るなどで倒すことができます
かなしばりにして同階層のウニの爆発に巻き込んだり工夫すれば案外倒し方はたくさんある

回復アイテムの中でも回復の腕輪はすごく強力でシレン5は食料がたくさん落ちているためニギライズなしでもハラヘリをそこまで気にせず
過去作のように敵を倒して足踏みで回復するというような立ち回りがとれるようになる
回復の腕輪を含む異種合成に回復の印というものもあるが正直回復量が少なく腕輪単体のほうが強い印象
無双に拍車を翔れる状態なら印にするのもあり
この腕輪も気配察知と同様に店売りで手に入りにくいためこれを手にすることをアテにして冒険はできない


④矢を大量に手にする
身かわし香の壺を使うことで吹きとびカートから大量の吹き飛ばしの矢を手に入れること
100本でも500本でも手に入るため使いまくってもなくなることはほぼない
さらに吹きとばしの矢は一定確率で当てた相手を吹き飛ばす効果もあり敵との距離もとれ矢で追撃できるため発動すれば封殺可能
気配察知が組み合わされば敵と会うこともなく無双へ
開幕の部屋など1対多の状況では矢だけで近づく前に処理しきるのは困難なため札や杖で処理しよう
遠投の腕輪を合わせることで複数同時に当てることができこの弱点は補えるが遠投事故やつけ外しの1ターンも考え過信はできない
これだけ見れば矢稼ぎだけでクリアできるように見えるが何回もクリアしてくると縛りなしなら別にここまで矢を使わなくてもクリアできることに気づく
私は機会があれば吹きとばしの矢は99本手にする
複数の矢だけで道具欄とって持てる数が減るのもナンセンス



こんな感じで5の攻略法はたくさんあります
もちろん1度の冒険で上に挙げたアイテムが複数手に入ることもあるし手に入ったところで倒れてしまう状況もいくらでも起こりえる そんなゲームです

細かいところで場面場面の適切な延命処置や敵の捌き方も重要ですが
これまで挙げたアイテムがいくつ手に入ればクリアの目処がたてられるかをシレンの腕といったところで人それぞれでしょう
私的には縛りなしなら 金喰いの剣 呪い師 昼の盾 かまいたち 気配察知(察血) 回復の腕輪 身かわし香 いずれか1つでも手に入るとクリアの目処が立ちます

さらにランク付けするなら
呪い師≦昼の盾、身かわし香、気配察血<回復の腕輪≦金喰いの剣=かまいたち≦気配察知
こんなところでしょうか



関連
シレン5 夜ダンの攻略法
シレン5+ ダンジョン別攻略 原始に続く穴
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.