24番目の風来日記
風来のシレン5や4+を主にやりこみ知識・経験・検証・近況などを載せていくところ
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
116001.jpg

現時点でシレン5+の追加されたダンジョンは一通り遊んだつもりなのでその評価をしていこうというもの
※ある程度ダンジョン毎のネタバレが含まれています
評価その2の続き

おそらく計10ダンジョン配信されてこれで全ての追加ダンジョンになるかと思われます


モンスター集会所
Good
初心者向けスタンダードダンジョン


Bad
ダンジョンを出す時期が遅すぎる


モンスターハウスがたくさん出るという特徴のダンジョン
1桁目が9の階層は確定で大部屋ハウス 確定ハウスは特殊ハウスもあり種類と順番が決まっています
そして1桁目が0の階層は確定で店が出る 腕輪以外識別済み 視界不明瞭

昼盾、金喰い系装備は出ず 気配・壁抜け・回復と  浜辺のような腕輪揃い
強力な腕輪は大体店でしか手に入らないが10F毎に確定で店が存在するため割と手に入りやすく他の強力アイテムも店の多さから集まってきます

草や杖・壺 全て識別済みで強力な腕輪とほどほどの剣盾の関係からそこまで難しいダンジョンではなく初心者向けといった感じでした
マゼルンも一応存在するしアイテムが識別済だから どんなアイテムが存在するかすらわからない入りたての人には地底の館よりもおすすめしやすい内容だと思いました

不満点があるとしたら今更すぎるということ
追加10ダンジョン中 8弾目 にこれをもってきてどうするの 新規向けの内容なんだからガマラの逆襲の時期くらいに出せば印象は違ったはず


波乱の岩場
Good
一応もっと不思議に似た内容


Bad
内容被り


突発ハウスが多いといった特徴 
アイテムは全て未識別で視界不明瞭 店はかなり多い

全て未識別という内容は配信ダンジョンの中では玄人の足跡以来のもの
その玄人すら原始のコピーのような内容なので実質配信ダンジョンでは初というだけで評価はできる

昼盾、金喰い系装備が出ず 気配察知、壁抜け、回復 といった強力な腕輪がよく手に入る ハウスが出やすい
えーーっと・・・
どこかで見た内容 しかも直前に
ざっくりとモンスター集会所を未識別にしただけですねこれ 集会所の配信時期も直前だし目新しさもない なにがしたいの
まあ2つの配信時期を離したとしても不満は変わらないだろうけど続けて同じ内容で出すと印象が悪くなるのは必然

モンスター内容は違うけど結局出やすい優良腕輪を使うので動き方は大して変わらない
予防すら無力化できるみだれ大根とひきこむゾウやおてあげガッパのような敵同士組み合わせはなかなかだったかな
まあ気配察知と壁抜けゴリ押しの前には無力なんですけどね

ようやく出てきた未識別ダンジョンということもあり いくらか被りはあってもそこそこ遊べる内容ではあると思う


ワナ師の箱庭
Good?
ルールを変えたワナダン

Bad
特別難所もなく長いだけ


常にシレンがワナ師状態でワナのダメージで敵にとどめを刺したときのみ経験値が手に入るといった特徴のダンジョン
視界明瞭でアイテムは全て識別済

ダンジョン名通り「自称」ワナダン
ワナダンによく見られる経験値システムに特殊なルールが今回も設けられているけれど 他のワナダンと違いワナダメージでとどめを刺したとき限定
まともなダメージの出るワナは丸太、矢ワナ、落石、鉄塊 これで倒してようやく従来通りの経験値がもらえるだけ

あまりにも非効率的すぎるため序盤でギタンマムルをワナで倒し あとは基本的に経験値なんて放置するくらいの死にシステム
最初からレベル20を支給させて そこからレベル変化しない設定にでもすればいいんじゃないのこんなのなら
デロデロや落とし穴のような即死ワナで経験値が入ってしまうと流石に設置前のワナが壊れない仕様から見直す必要がでるからそうしなかったのでしょう

過去の経験値システムに細工があるワナダンも序盤で経験値集めてあとは無視の流れにはなっていましたがこれはあまりにも限定的すぎる


意味の薄い経験値システムは置いておいて 本題のワナを活用するワナダンシステム
敵をワナにかけるという過去作から形を変えつつ続いてきた存在で一応シレン5そのものにもゲンさんのシマというワナダンが存在しています
そのゲンさんのシマはというとワナダンではあるが追加された証システムと白紙の巻物の色が強く 好き放題できるためあまり評価は高くない感じでした
それを踏まえても同じワナ師状態で進めるダンジョンをあえて出したということで期待したプレイヤーも多かったかと推測できます

それで内容はというと 難所も何もなくダラダラ99Fの冒険が続くだけというもの

ワナ師状態というワナを味方につけられるアドバンテージを得る以上、普段より敵が強かったり落ちているアイテムが弱かったりという感じで取られたバランスが楽しいものと私は捉えていますが
このダンジョンは杖も背中も大量に拾える 保存も出るし剣盾は若干弱いものの腕輪は透視壁抜けレベルが普通に落ちている
敵の強さも 低い経験値システムを考慮してか深く進んでも大して強いものが出てこない しかもずっと視界明瞭

これでワナまで使えるとか苦戦する要素がない このまま淡々と99Fまで続くだけという
しまいにはワナダン最強のワナ 落とし穴が序盤終盤問わず大量に出てくる 5フロア探せば5つ以上余裕で出てくるレベル 床落ち優良アイテム以上にこれは致命的
保存の壺も出るため終盤までに落とし穴を10,20抱えることも簡単 その気になればいつでもフロアスキップも可能と回避手段があまりにも多くもはやただの作業ゲー
80F辺りからレベル5の敵も出ますが大量の物資、視界明瞭、面倒だったらいつでも落とし穴 とやることは特に変わらない
そもそもレベル5の敵でバランスとろうとすること自体おかしいことですけどね

大量の落とし穴もあり特に面白味もなく長いだけというのが感想です

ゲンさんのシマ同様 なにかしら縛りプレイを設けてプレイヤー側で面白くしていくこともできないことはなさそうだけど
経験値システムが邪魔になっているしどこにでも見かける落とし穴や終盤のレベル5の存在から面白くするのは難しく思えました
ちなみに私は2つワナダンでは比べるまでもなくゲンさんのシマの方が好きです



シレン5Plus 追加ダンジョン6 配信追加10 の全16ダンジョン
それぞれ分けるとこんな感じ

持ち込み可能
商人 警告 食いしん坊

持ち込み不可
特殊ルール色の強いもの
ハンター 青春 ファミ通 ガマラ オーラ 眠り大地 二撃 ワナ師

99Fオーソドックスなもの
わくパラ 玄人 あらし森 集会所 波乱


作った人が同じか別々かは知らないけど追加されたダンジョン作り方で似たような特徴がいくつか見られ
私から見てあまり好きではない要素が多く 理由をつけつつそれについての感想を

序盤のマゼルンが少ない
マップを1周埋めるまでに1体も出会えないこともよくあり初見プレイだとマゼルンいないのかと勘違いしそうなほど
出現階層が2Fしかないダンジョンもあり拍車をかける
該当 ハンター (わくパラ) (ガマラ) あらし 集会所 波乱

作った人は合成システムが嫌いなのかな?それともここを絞めれば難易度調整になるとでも思ったのかな?
後者なら正直つまらなくなるだけ わざわざ必要以上に粘らされるだけだし

あらしの森の同階層にマゼルンよりはるかに出現率の高いフォーリーをみて合成阻害は狙ってやってるものだとは感じた
ただでさえ出にくいせいでフォーリーを封印か固める手段が無ければロクに合成できず門前払いになる内容はいただけない

あとはシレン4シレン5にはなかったマゼルンと天狗の同時出現を5+からやりだしたり 無意味な定石崩しをしているのは気に入らない
合城の壺を低層から床落ちで出現させたりと復活すら及ばない初見殺し増やして面白いと思っているのかなあ
シレンは他ゲーと比べて1ゲームにかかる時間と何度もプレイするということくらいは考えてほしかったですね
原始のフロア移動のワナとそう大差ない程いらない要素だと思います


フィアーラビ、バリズドン種大好き症
やたらとラビとズドンを早い段階で出してくるダンジョンが多い
該当 ハンター わくパラ オーラ あらし 

ラビ自体はもともと低層の敵だがそれでも装備が集まるかどうかの階層で後退しつつHPを回復する段階の時に数フロア早く出てくるだけで事故率は変わる
引き連れて歩き回復ができないので一度空振りするだけですぐ手もなく追い込まれ低層のやり直しをさせる作りにして何が面白いのか
ズドンに関しては言わずもがな 常に鈍足とはいえ普段より10階層以上早い段階で登場してくる火力は異常 レベル上がったズドンも他より早く出てくることも
通路で先制くらって事故ってくださいというメッセージかな これもつまらない結末しか呼ばない
ちなみに原始のフィアーラビは8-9F バリズドンは29-30F に存在します
5+の追加ダンジョンのラビは主に5F~、ズドンは10F辺りから平均して登場する


装備の選り好み
追加ダンジョンは 昼の盾、金喰い装備が出ず その代わりに強力な腕輪(特に気配察知)が出てそれをメインに攻略するものが多い傾向にある
該当 わくパラ あらし 集会所 波乱

少なく見えるかもしれないが上で分けたオーソドックスなダンジョン5つの中で玄人を除いた4つ
その玄人も原始のコピーと考えると新規オーソドックスダンジョン全部に該当することとなる

DSの頃から装備の中では昼の盾金喰いが強いとは言われていたけどそれは普通に拾えるアイテムの範囲であるからで
レアで実感の薄い気配察知壁抜け回復のような腕輪も当然それに劣らず強いことにかわりはない

単純に攻略のキーアイテムを総替えして今までと違う流れにしようと考えるならそれもありだとは思う
ただオーソドックスダンジョンほぼ全部これにするとダンジョン毎の目新しさが消えることが問題

特に察血ではない本物の気配察知については視界不明瞭の不確定要素を完全に取り払ってしまい良くも悪くも計算し尽くされた小奇麗な冒険に収まる
不明瞭の不確定要素があるから回復アイテムをここで使うかどうか、危険な敵がいる階層をどう歩くかといった選択が生まれ
こういった駆け引きが好きなので全部が全部気配察知メインな内容は飽きが早い
あと単体で強すぎるから他の腕輪がいらなくなり識別する意味もなくなる

元々敵の攻撃によるダメージが緩いシレン5だからこそ視界不明瞭の不確定要素の中でもある程度幅の効く進め方ができるところが前作のシレン4との違いだったのに
それを排除して察知メインなダンジョンにしてしまうのはもったいないというのが私の感想です


識別済の範囲
追加ダンジョンの中で全未識別のダンジョンはわくパラ、玄人、波乱の3つ 玄人を抜けば2つ
別にもっと不思議形式の未識別でダンジョンを作ってほしいということではなく問題なのは他のダンジョン
全識別済もしくは腕輪以外全部識別済しかないという

おにぎり穴・旧道・天上のように札や巻物以外は未識別という感じで作れるだろうに腕輪以外全部識別済は魅力がないしつまらない
アイテム使用時、道具封印状態だったり杖の回数0で効果がないというリスク管理も識別優先順の計画立てもない
しかも中途半端に腕輪だけ未識別で使用用途の少なさからか識別の巻物系が出にくく 装備するだけでは効果のわからない腕輪がずっと残り続けるという

識別システムが蔑ろにされすぎているように感じ残念です



ダンジョン毎の評価
最後に感想をつけつつ追加された16ダンジョンに難度・面白さを数字で表します
7段評価で原始が難度4、面白さ5の基準でたてていきます

ハンターの池
難度4・面白さ4

水路マップと敵の配置はなかなか もう少しマゼルンと未識別の種類があればよかった

警告の谷
難度1・面白さ1

持ち込み可 特に工夫して遊べることもない

青春の1ページ
難度1・面白さ2

国った時の数が多すぎる 装備の弱さと敵の強さはあるが国ったの前では無力

わくわくパラダイス
難度6・面白さ2

低層から事故らせる気満々 ワナ多い 草の鑑定が窮屈
この3点と察知前提のレベル5さえなければかなり遊べた内容になれたと思う

商人の隠れ家
持ち込み      持ち込まず
難度1・面白さ1  難度2・面白さ2
持ち込まなくても進められる持ち込み可
食料や回復アイテムを店で確保し続けられればレベルの上がる人生の落とし穴気分 そこまで難しくはない

ガマラの逆襲
難度2・面白さ2

配信ダンジョン1弾 金喰い装備や全識別済で簡単
スコアアタックのキャンペーン企画で盛り上がりを見せたが後の配信ダンジョンでキャンペーンが行われることはなかった

玄人の足跡
難度5・面白さ4

原始のコピー 当然原始と同じくらいの評価だがこれを遊ぶくらいなら原始をやる

オーラの遺跡
難度3・面白さ3

30Fと短い 序盤で経験値が入りにくく装備次第ではすぐ落ちる
まあ極端なダンジョンルールでは仕方ないこと 目新しさはあった

眠りの大地
難度2・面白さ1

シレン5版の常夜 ずっと夜で出されてもやれることは技撃つくらいしかない
床落ちアイテムも基本死にアイテム ドコカイ弾つかって降り続けるだけ

二撃の道
難度5・面白さ2

シレン5版の二撃 50F以降ずっと視界不明瞭で常に事故ゲー
4のものと比べ投擲物や杖に制限をかけた難しさはあるけれど 一部視界明瞭にするなどもう少し面白くできたはず

食いしん坊の館
難度1・面白さ1

特に意味のない持ち込みダン

あらしの森
1F~75F       1F~99F
難度5・面白さ5  難度6・面白さ3
床落ち1つ+畠荒らし種 のルール内でもしっかりやりくりすれば進める内容 大根ドラゴン等しっかり山場もあり識別済範囲と噛み合った難度だった
76F以降はレベル5の敵が登場し 気配察知前提の極力敵に触れない別ゲーに変わるのが残念 気配なしでもいいバランスで75Fまで進めるところが面白かったのに

モンスター集会所
難度2・面白さ3

10F毎に固定ハウスと固定店が存在 強力な剣盾がなく気配壁回復の強力腕輪が店を中心に登場
とにかく店の多さと腕輪の存在であまり苦戦するところはない 腕輪以外識別済ということもあり地底の館以上に初心者には勧められると思う

波乱の岩場
難度3・面白さ2

端的に言うとモンスター集会所を未識別にしただけという感じ 目新しさがない
一応未識別ダンだがぬるめの腕輪ゲーになるだけで飽きが早い

ワナ師の箱庭
難度2・面白さ1

ただ長いだけ 落とし穴ゲー

ファミ通の挑戦状
難度3・面白さ2

杖がたくさん落ちているため大体ワナ事故か餓死でしか落ちない
本家と違いよくみえの腕輪という存在がないため基本ワナ事故ゲーとなる


追加ダンジョンはかなり多かったものの既存ダンジョンで評価の高い原始に続く穴を大きく上回るほど面白いダンジョンは私の中ではなかったという感じでした
私の中では傑作のシレン5という最高の題材を使っておいてこの追加ダンジョンの内容という結果には不満要素がおおく期待に応えられなかったというのが感想です
まあグラフィックもDSよりは当然よくなっているしベタ移植と考えれば劣っている点はないですがね

配信ダンジョンの中で私が一番遊んでいる追加ダンジョンはあらしの森 次点でハンターの池です
116002.jpg

あらしの森は一見アイテム少なすぎ雑草多すぎでつまらなく見えるものの 少ないアイテムをやりくりして回復アイテムの節約を同時に図れば進めないこともない所が特に面白かった
反面76F以降のクソゲー化にはがっかりしますが 察知を76F~解禁する工夫をして遊べばそこそこ楽しめる内容にはなるかな
最善はレベル5なしで99Fまで続くことで それができていればもっと評価は上がっていたと思う
一応反省したのか集会所、波乱ではレベル5撤廃したところを見るとなおさらね


関連
シレン5+ 新規7ダンジョンの評価
シレン5+ 新規ダンジョンの評価 その2
シレン5+ 新規ダンジョンの評価 その3 と総評
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.