24番目の風来日記
風来のシレン5や4+を主にやりこみ知識・経験・検証・近況などを載せていくところ
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
124001.jpg

自分が一通りプレイしたダンジョンについてそれぞれ自分なりの攻略法を載せるところ
(※攻略の中にモンスターテーブルを利用しています)


シレン4+における 難しめの夜ダンジョン 置けずの洞窟



攻略の元になる ダンジョンの特徴
・全未識別
・夜がある
・昼の通路視界明瞭
・アイテムを店以外で置くと消滅する



アイテムを置くと消滅する
これが置けずの特徴です
床には見えない何かが敷き詰められている感じで置く以外にも投げる、敵がアイテムドロップをするといったものも消滅します
店内のみ例外でアイテムが置けます あと底抜けの壺による落とし穴の発生も店内の敷地のみになります



難しい?それとも簡単?
シレン4内では最高難易度ダンジョンと称されることもある置けずですが夜ダンジョン故の特殊性が浸透していなかった頃の名残もいうことも考えられ
夜ダンジョンの歩き方や置けずの特徴を理解すれば結構簡単になります


昼の進み方
まず昼の通路視界が明瞭というところに注目
気配察知が引けていなくても先制を取られない点は浜辺と比べて楽なところですね
昼に関しては壁抜けの腕輪ひとつで敵は手玉に取れます

このアドバンテージがあっても難しいとされるのはマゼルンによる合成がやりにくい点が響くのかな
このダンジョンではマゼルンは夜にしか出ません
さらに置けないというルールによりマゼルンを店内以外で倒すと投げ込んだ合成素材が消えます
昼夜が切り替わった時に敵が消える際はマゼルンの持っているアイテムは消えず床の上に置かれるので倒さず昼夜切り替えまで生かせれば合成はできます
それでも夜のみにしか存在せず他の夜敵がマゼルンを倒す可能性を考えると無策にマゼ合成はできません
124002.jpg
壁抜けとつるはしで1マスの安全地帯と場所がえを使い夜マゼルンを幽閉すれば安全な合成は一応できます

まあ昼が視界明瞭という点をしっかり生かし 距離の取れている敵に矢やアイテムで先手をとるといった
基本がしっかりとできていれば合成の壺による合成だけで昼の戦闘は足りるというのが私の置けずの進め方になりますがね


次は夜の進め方を
シレン4の場合5と違いドコ?カイ弾のような強力な技もなく ダダーンとルームサイクロンで普通に倒しつつ階段を探すことになります
もちろん夜敵から攻撃をくらうと一発アウトと頭の中に入れながら良い松明以上の視界で進んでいく
松明の管理は当然大切 松明が尽きると気配察知がない限り夜は終わりです

最短で降りるつもりでも階段が見つからず技が尽き 夜敵を倒せなくなるという状況もあります
夜の敵でも杖の効果は有効といった回避手段があるということは覚えておきましょう

夜の階段を探しやすくする手として 灯火の盾が置けずの洞窟では最重要アイテムになります
灯火の盾は松明類と共鳴し どんな松明でも昼と同様の視界が得られ階段が見つけやすくなります
店限定品により シレン4の店は左上にありやすいという法則を利用し階段を見つけるまではマップ左上から目指しましょう

置けずについてこのダンジョンだけ特別に輝くアイテムがあります それが変化の壺です
普段は物を変化させるとたくさんの候補の中からアイテムが手に入りますが置けずの変化の候補はすごく絞られています
具体的には 松明各種、バナナ各種、巻物の一部分   これだけです

草や杖や装備品のようなものは一切でなくかなり絞られていると言えるでしょう
巻物の一部分には昼夜の巻物・あかりの巻物・技回復の巻物 そして松明もでやすいと
置けずの変化の壺には夜用のアイテムがたくさん詰まったキーアイテムということがわかります
是非狙って店で購入・使用、吸い出しで再利用など有効に使っていきたい一品です

置けないという特徴は壺を好きな時に割れないということに繋がりやはりこれを解消できる店の存在は大きく
マップの左上を目指し店を探していきたい  置けずは店の出現率は高い方だと思います


最後は全体的な進め方について
特に序盤からざっくりとしたアイテム回収をして階段を降りていくだけです
隅々まで回収に回るとすぐ夜を迎えてしまい使う松明の量も増えるし その松明がなくなっても詰みなため昼でも余計にターンは費やさない方がいいです
左上に店があるかどうかの確認とフロア内である程度アイテムを拾えていれば普通に降りていく感じで十分
視界明瞭の昼は最低限の回収アイテムで戦える程度で難しくはありません

昼と夜を交えて進めていくわけですが 夜の基本もしっかりすること 松明の管理 夜敵から攻撃をくらわない
もちろん夜で巡回する意味はあまりありません 腕輪や灯火を手に入れるために店さがしでマップ左上だけ覗くくらいです

このまま順当に進めたいわけですが簡単には行かないのが夜ありダンジョン
一部の階層で敵が激しく 昼のみで進める箇所 夜のみで進める箇所を決めておかないと難易度は相当上がります
昼つらいいゾーンは夜で抜け 夜つらいゾーンは昼で抜けるということです

シレン5と比べてドコ?カイ弾のような夜に階段を特定する技もなく
松明の照らす範囲で階段を探すこととなり灯火の盾がなく運が悪いと夜で抜けるはずだった階層を稼げないこともあります
夜抜けする予定の階層は何があってもいいように突入直前で昼夜転換させて抜けることを心がけましょう

間に合わなくても臨機応変に気配察知+一時しのぎや 昼夜の巻物で連続して進むなどいざというときに打てる手は持っておきたい


昼や夜で抜ける部分は主に後半に当たります

61-63F
ドレッドラビ

rabi3.jpg
いつものウサギ
今回はゴウジョウ戦車とねむり大根と同時に出現するため呼ばれるとどうしようもなくなることが多いです
ただ置けずにおけるドレッドラビは3階層だけだし 夜には出てこないため ラビゾーンは夜抜けに限ります

ねむり大根については最初から通路の視界が明瞭なため
気配察知がなくても注意して画面内に見えたものに近づかないようにすれば問題ないです


69-75F
悪アークドラゴン

dragon7.jpg
固定60の炎が飛んできます 合成のやりにくいダンジョンなので炎減少の印もついてないことが多いし
夜で階段探しに時間がかかることと7階層にも渡り登場するためこのゾーンを夜で突き進もうとすると焼かれます
昼に進むことにしましょう 昼にはヘルギャザーのようなものもいますが回避不能のドラゴンと戦うよりはずっとマシです


78-83F
アークドラゴン

dragon3.jpg
こちらは昼のアーク 固定50の炎が飛んできます
同時にデブーゴンも登場するため問答無用にHPを削られ危険な階層
夜で抜けてしまいましょう  夜はアークドラゴンやら遠距離系の敵がいない限りは基本的に昼より楽です

88-90F
ダークみだれ大根

daikon8.jpg
夜のみだれ大根 射程5マスの範囲で狂戦士の種を投げ 夜で狂戦士になるとどうしようもありません
5マスの範囲は流石に大きく すごい松明や灯火の盾でもカバーできない
気配察知が引けていれば射程に入らないようにダダーンや杖で処理していけば進められる

昼で抜けてしまうのもいいですがイッテツ戦車やらんぶポリゴンと昼もなかなかしんどいです

90F
置けず最後の夜待ちポイントです かなしばりで敵が入ってこないよう封鎖 壁抜けつるはしで安全地帯作成
ここから先は昼で戦うのは自殺行為といえるほどおかしな敵配置
残り10階層を死にもの狂いで夜抜けすることになります 何もアイテムがないと10階層分は結構不利な運ゲーなので
ラストスパートのために あかりの巻物、察知+一時しのぎ、昼夜の巻物を確保しておきたい


91-93F テリブルラビ 93-99F アビスドラゴン 94-99F みだれ大根
95-99F イカカイザー 96-99F フォールギャザー

rabi4.jpg dragon4.jpg daikon4.jpg ika4.jpg gyaza4.jpg
昼は最強キャラのオールスター
戦い抜くのは無茶なので夜進みましょう

夜はイッテツやパコレプがいますが昼と比べるまでもなく夜抜け安定です
技が切れやすいので技以外にもかなしばりの杖のようなものも有効ということを忘れず処理していきたい
イッテツの砲撃は1発60 2発で120と高く 遠目に見える戦車はなるべくくらわないよう早く倒していきましょう
90Fから99F最後まで夜で突き抜ければ置けずはクリアです


置けずに関してはこんな感じです
私も始めは運要素の強いシレン4の夜ダンジョンは毛嫌いしていましたが昼が視界明瞭ゆえサクサク進め
夜も灯火なり気配察知がくればゲームになるということで今ではやりやすいダンジョンです
かなしばりのような強力杖が浜辺以上に出やすい点も もっと不思議と比べてそこそこ面白い要素かと思われます

夜に慣れていない人がよくやる失敗としては
昼にアイテム回収でターンを使いすぎて階層が進まないまま何度も夜を迎え松明がなくなってしまうというケースだと思います
夜はアイテムを基本的に使わず節約できるので昼にそこまで気張って巡回する必要はないんですよ
次々階段を降りていくという感じでサクサク進んだ方がクリア率は上がると思います
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.