24番目の風来日記
風来のシレン5や4+を主にやりこみ知識・経験・検証・近況などを載せていくところ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
132001.jpg

自分が一通りプレイしたダンジョンについてそれぞれ自分なりの攻略法を載せるところ
(※攻略の中にモンスターテーブルを利用しています)

シレン5における もっと不思議の延長である運命の地下



攻略の元になる ダンジョンの特徴
・夜がある
・能力のついた装備は床落ちしていない
・壁のない特殊なフロアが多い
・マゼルンは夜にのみ出現


夜がある
ここがこのダンジョンの特徴と言える部分になると思います
夜自体は旧道や天上等のダンジョンにもありますが それ以外に特別なルールのないガチガチなダンジョンが運命の地下となります

夜があるとどうなるか?
単純に昼で戦う装備が育ちません 夜がある分 昼で倒せる敵の量も減ります
夜は回数有限な技で進むため1フロアでの長居や 視界の狭さからアイテム全回収というような
昼ではあたりまえに出来ていたことが不可能になります

かといって毎回 夜になったら昼になるまでその場で籠城して実質昼のみで進められるかというと
今度は食料やクロンの風が問題になってきて現実的ではありません (運命の地下の昼が短く 風も早く吹く)
どうやっても夜と向き合うしかないです

拍車をかけるように床落ちしている装備に能力付きなものがでないという特徴が襲いかかります
昼の盾・かまいたち・金食い虫系の装備はおろか基本的な特効能力や状態異常の印も装備に付けづらい
しかもマゼルンは夜のみ出現で満足な異種合成もやりにくい

こんな有様で階層が進めば原始に続く穴と同等以上の敵のラインナップが押し寄せてきます
これだけ書くと嫌でも理解するでしょう  昼の戦いが非常につらいです

私が前情報なしでこのダンジョンを遊んだときはジリ貧で玉砕されて最難関だと感じました



ここまでが運命の地下の大方な内容説明でした
それでは攻略に移りましょう

必然的に昼がつらくなるダンジョンです
そして攻略法は単純 夜をモノにする  です

以前にシレン5における夜の攻略法をこちらこの2つの記事にしたので
夜が苦手で糸口がつかめていない人は目を通したほうがいいでしょう


必要な技集め
夜ダンジョンは技という持ち込める要素がありダンジョン突入の前に技をストーリーダンジョンで集める必要がある
これがなかなか大変で不十分な技で夜に挑み玉砕して夜が嫌いになるパターンもあるかと思われます
面倒ですがこれを粗末にして弱い技だけで臨むと比較にならないほど難易度が上がるので頑張って揃えましょう

今回攻略法を書く上で習得に準備が必要な技は以下の4つになります

おいでよ混乱破
中級マスターより取得
本攻略法でメインに使用していく技

ルームやりすごし閃光
上級マスターより取得
複数の敵を同時に完全無力化する強力すぎる技

ドコ?カイ弾
上級マスターより取得
使わないことが縛りプレイ扱いになるほど文句なしの最強技

道具ナレナレ破
イノリの洞窟でキャットストーンによる願いで取得
他の技で代用できないこともないが保存の壺や食料・松明が補充できる強力な技
敵の防御を完全無視し確実な撃破ができる点も大きいので取得に労力はかかるがぜひ欲しいところ

基本的には技マスターから手に入れるものでその技マスターにも初級など種類がありますが意識する必要はなし
仙人の庵から行けるフォーチュンタワー秘境1-3Fに全種類でるので気配察知を持っていき
脱出ややりなおし草で何往復も重ねることが一番効率の良い技集めだと思います



長い前準備が整いようやく攻略開始!


進め方
夜をメインに進めるため 夜の要点は必ず抑える必要があります

<どんな夜敵からも即死の可能性がある事>
同士討ちによるレベルアップで驚異的な攻撃力を持つのが夜敵です しかも見た目が変わらずどれがレベルの上がった的か判断できない
よって絶対に夜敵から攻撃されないことを心がける
もちろん隣接で技を打つときは必ず倒せる技を選択し敵にターンを渡さない

夜敵から先制攻撃を受けてもおしまいなので最低でも良い松明の2マス視界以上を維持すること
最序盤辺りで松明がつき1マス視界にしかならないようなら通路に逃げ込み迎撃の態勢をとり昼になるまで待つ 動き回らない
この2点が夜を生き残るための絶対条件です いつでも忘れないようにしましょう

この記事での夜の進め方ではおいでよ混乱破という技をメインに使っていきます
おいでよ混乱破を使うメリットは以下の通り
・フロア中の全敵を引き寄せて 感電破・ルームやりすごし閃光で殲滅し同士討ちによるレベルアップの防止
・夜敵を一網打尽に倒した時のドロップに期待できる
・広範囲特技を持つ危険な敵の一斉排除


一度敵を全滅させることで安全にフロアを進むことができるというのが利点です
夜の敵は店と同じ分類のアイテムを落とすので能力付きの装備や祝福された強力アイテムが手に入るのも大きい


おいでよ混乱破のリスクは引き寄せた瞬間に混乱した夜敵から攻撃を受けて即死することです
これを回避するためにも以下の点を抑える必要があります
・多少攻撃されても耐えるくらい十分なHPで使うこと
・レベルの上がった敵がいない状態で使うこと
・元々が超火力な夜敵や ゾウやウニのいる階層では使わないこと


混乱状態とはいえレベルの上がった敵から攻撃を受けたら即死の可能性がでるため
おいでよ混乱破は敵のレベルが上がっていない開幕1~2ターン目に使うことが基本です

レベルが上っていなくてもエビルシャーガのような超火力タイプに殴られても終了の可能性がみえるし
ウニの爆発+残りの攻撃 や 混乱を吸いながらひきよせられるゾウなど
保険もなく安直においでよ混乱破を使ってはいけない夜敵がいる階層を把握する必要があります (後述)


これらのケアができれば夜の攻略は大体済んだようなものです

おいでよ混乱破 + 感電破orルームやりすごし閃光  でフロア内の敵を一層 → ドコ?カイ弾で階段を目指す

単純ですね
夜を進む最低条件として松明の維持による視界の確保があり
1フロアを探索で長くいればいるほど昼と夜の切り替えを多く迎え松明もその都度消費していきます
しかも夜では視界が狭くアイテムの見える範囲も限られているし なにより夜を進む上で使うアイテムは基本的に松明くらいです

よって夜でアイテム探索する意味は薄く かえって松明と食料の消費、夜敵のレベルアップによる事故率上昇と 自分の首をしめる結果を招きやすい
最序盤以外の夜はそのままドコ?カイ弾で階段直行していきましょう



昼について
中盤からの夜は階段直行 と書きましたがこのままだと敵が強くなる一方でアイテム回収も少なくシレンは全く強くなれないことになります

このままだと昼無理すぎない? というのが当然の疑問になるでしょう はい、無理です

ではどうするかというと この先の昼は全て捨てて夜でのみの進行をメインにしていきます

昼から夜にするためにはターンを進行させる必要がある
当然夜になるまでに徘徊する昼の敵とそのまま接触なくやりすごすことは不可能です
あまりにもシレンが弱すぎるため 後半の昼敵なら数体出くわすだけですぐピンチになる始末

夜になるまでに敵がシレンに接触しにくいよう工夫することが大切 (夜待ちと呼びます)

・かなしばり状態にした敵で他の敵の進行をせき止めて安全地帯を作り上げたり
・基本的に通路では敵は方向転換しない性質を利用してトンネルの杖でT字の|部分のように新しく侵入されにくい通路を作ってそこに潜むなど

夜になるまで昼の敵とほとんど出会わない形にすることが理想です
この形を可能とする代表アイテムがかなしばりの杖土塊の杖トンネルの杖であり 拾えたら計画的に使っていきたいですね
運命の地下では最重要なアイテムです


上の2点を使った夜待ちがメインになりますがイレギュラーも存在します

かなしばりで壁を作ってもゾウは関係なく突破してきて瓦解します
完全に封鎖できるのが土塊の杖による正真正銘の壁になりますがこれでも完璧ではありません
デブートンの階層なら夜を待つ間に遠くから石を連打され それどころではなくなるし
パコレプ系、アークドラゴンやドレッドラビのようなお構いなしに特技を使える敵の前では夜を待つことは不可能

夜が待てない敵の階層を把握しておく必要もでてきます (後述)

また中盤までなら覚醒のスーパー状態によりフロア永続で攻撃力や防御アップの効果で戦闘補助ができれば何も使わず夜を待つこともできます
敵撃破ボーナスを瞬時に稼げる おいでよ混乱破+感電破 のコンボはこんなところでも役に立ったりします


特殊なフロア
壁がなく一面 水で満たされたフロアや空中フロアが運命の地下では多く登場します

これがどういう状況を表しているのかというと
水フロアなら水上と空中 、空中フロアなら空中系の敵が常にシレンの位置を把握し一直線におそいかかる

まあ・・・ただでさえ昼勝てないのに このような不利な要素しかない地形で戦い抜くのは無理です 下手をすると詰むくらい
全方向から敵が迫り なお壁すらない地形なので籠城して夜待ちすることもかなわない最悪の状態
文句なしで夜のうちで一気に突破するべき階層となります

これらの特殊フロアはランダムではなく階層毎に決まっているので
どこで夜を開始させこの特殊フロアを一気抜きするか計画を立てる必要があります (後述)

幸いにも夜の内に一気抜きできないほど特殊フロアが長く続く部分はありません


それぞれのデータ
さんざん後述と後回しにしてきた昼敵、夜敵、特殊フロアの分布になります
記事内で見やすい表として貼り付けることができませんでした
モンスターテーブルについてはこちらが見やすいとおもいます

特殊フロアの分布は以下の通りです
1F~15F ノーマル
16F~20F 空中+マグマ
21F~25F ノーマル
26F~30F 水地形
31F~45F ノーマル (結構長い)
46F~50F 水地形
51F~55F ノーマル
56F~60F 空中+マグマ
61F~65F ノーマル
66F~70F 水地形
71F~75F ノーマル
76F~80F 空中+マグマ
81F~90F ノーマル
91F~95F 空中+マグマ
96F~99F ノーマル


夜待ちできない昼の敵の把握・おいでよ混乱破が使えない夜敵の把握・特殊フロアの把握
データと照らし合わせ この3点に注目して夜を抜けられるとゴールはすぐそこです

特に特殊フロアは夜で一気抜きする必要があり階段運により思ったより進めず昼になって詰むという状況になりにくいよう
特殊フロア直前で夜待ちをして 夜開始と同時に一気抜けを図る方が安全です
ちなみに夜をドコ?カイ弾で一直線に階層を抜ける際 大体8F~10Fくらい進むと昼になる感じになります 夜抜けの目安として覚えておきましょう


ざっくりとした階層考察
運命の地下を攻略するにあたって私自身 敵の分布を把握し
どの階層で夜を待ちどこまで夜抜けするかをあらかじめ決めています
ぜひ上に載せた敵と特殊フロアの分布を見比べながら 自分自身で夜待ちポイント等の計画を作り上げてみてください


12F~
まがいものが出現しだす 原始の18Fからと比べて結構早い
気配察血という強力な腕輪もあるがもちろんノナリー道具感血といった確定呪いの存在から安直に装備してはいけない
ちなみに道具ナレナレ破で手に入れたアイテムは呪いにも祝福にもならない特徴がある

14F~16F
maze5.jpg
夜にマゼルンが登場
ただし中盤から昼は捨ててよるメインに動くとなるとそこまで装備の印は必要ないという結論へ
使える夜の技が有限だったり松明視界もありそこまで徹底して合成を狙う必要はない

16F~20F
初めての特殊フロア
この時点でハチが一斉に押し寄せてきて序盤ながらしんどい戦いになる
もうこの辺から夜メインで進めていってもいい階層

25F
この階層は運命の地下では確定で店が出現 (固定店)
溜め込んだ未識別アイテムの値段判定で復活の草や気配察血を割り出せるなど有効に使いたい

他にも26Fから特殊フロアで夜待ちする場合 店主が一箇所塞ぐ性質が利用できたりなど 夜待ちを狙いやすい
ただし敵はゾウやピョコダイルとなかなか強い

とりあえずこの階層までは 夜待ち用の杖を使わなくても夜を待てるよう工夫して到達したいところです


31F~46F
他と比べてかなり長い間マップの変更がない
もちろん壁ありで夜も待てるが 31Fから夜一回で46Fまで行くことは不可能なので途中で再度夜待ちをする必要がある

51F
運命の地下2つ目の固定店 25Fと51Fの2箇所のみ確定です
一つ目と同様に値段識別もできるし 店主に1箇所塞いでもらい交戦機会を少なくし夜を待つことも可能
モコッティーが確定で寝ている以上戦う場合 相手は破壊者と吹き飛びカートになる 運が良ければモコッティーだらけになり苦もなく夜になる

56F~58F
昼にドレッドラビが出現するが どの道ここは空中フロア
いようがいまいが昼に来るような場所ではなく夜で一気に抜ける計画を誰でも立てるため対策は必要ない

他にも普段は脅威になるアークドラゴンやねむり大根のような危険敵も
厄介な昼敵も夜でかわせば出会うことすらなく対策が必要ないということを運命の地下を始めとした夜有りダンジョンで知っておきましょう
ついでに夜の厄介な敵も おいでよ混乱破で一掃すればそこまで脅威になりません (夜のアークや大根がここで出るが混乱破感電で一掃すれば危険なし)

72F~73F
ka-to8.jpg zou8.jpg
夜の事故要素筆頭の闇貫通カートの階層
ゾウも同時に出現しおいでよ混乱破も使えないというとても厄介な階層です

74Fからは昼にデブーゴンが出現するため大体はこの72か73Fで昼にして夜を待たなければいけない

忘れがちですが夜から昼を迎えた階層で夜待ちして再び夜になったら夜敵が再配置されますがシレンの技は階段を降りるまで回復しません
貫通カートの存在も有りなるべく夜になったらすぐに階段を降りられるような近い位置取りで夜待ちをした方がいいでしょう


76F~77F
fou8.jpg
εFO-UZZが登場 倒すと祝福された復活の草を複数手に入れることができます
夜敵やおいでよ混乱破の事故を防ぐことができる復活がたくさん手に入るだけで最高の安定感を得ることが可能

1体でもフロアにいればおいでよ混乱破で寄せることができる
問題はどうやって倒すかというところ ダメージ技が全て1になるので即死でなければ倒せません
ただし道具ナレナレ破だと復活は落とさない 三匹うぎゃあ破なら復活を落とすがここのためだけに技1枠使うか割りと微妙
空中マップなのでおいでよ混乱後 Fo-Uが場外に浮いているところにルームやりすごし閃光をぶつけると落下して倒せます

別に高確率で決まる技でもないですが 偶然来たラッキーを逃さないように知っておくのも攻略です

88F
自分の中では最後の夜待ちポイント
この先はみだれ大根もでるし アビスドラゴンも出ずっぱりなので夜を待つことはほぼ無理です
ここから夜だけで一気に99F踏破することが理想
結構残りの階層が長いので階段が遠いときは保険下での飛びつきワープ等なるべくターンをかけずに降りていきたい

dragon4.jpg
原始と比較にならないくらいアビスドラゴンの出現率が高いので昼を迎えると残りわずか階層でも詰むときは詰みます


以上が運命の地下の攻略でした

夜の技を揃えるところから始まり 少なくとも夜でやられない基本を抑えていても
夜の利用方法に気づかなければ装備が弱く 昼に余裕でジリ貧終了になるというなか なかおもしろく作られたダンジョンです

私自身も 初めどうやっても無理と思っていた運命の地下ですが夜抜けという夜を利用して昼から逃げるという進め方を知ってからすんなりクリアすることができ
攻略のやり方次第で全く違った見え方がするところに感動しました
夜ダンジョンの集大成と呼んでもいいくらいですね

もちろん運命の地下だけでなく夜のあるダンジョンは全て夜抜けという手段が使えるので
行き詰まったらモンスターテーブルと相談して夜で抜けていく部分の計画を自分で立てていくところも面白かったりします

夜が苦手で敬遠しがちな人もぜひ運命の地下の攻略に手を出してみてもらいたいです
・・・・まあ夜の欠陥の大部分は技集めの作業だと思うのでここさえクリアできれば面白くなるでしょう
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.