24番目の風来日記
風来のシレン5や4+を主にやりこみ知識・経験・検証・近況などを載せていくところ
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
146001.jpg

シレン3の敵の動きについて検証し私なりに見つけた法則をここにまとめます

シレン4や5は通路をひたすら直進したり、シレンを発見した敵がしつこく追尾してくる一方で
シレン3の敵はひたすらウロウロしているという印象が強いです

そんなシレン3の敵の挙動を興味本位で明確にしていきます

・平常時の敵
・シレンを発見した敵の行動
・追跡状態を解除する方法
・追跡解除後の敵の挙動
・その他 壁抜けや聖域の安全地帯について

について書いてきます


平常時の敵
まずシレンを発見していない状態の普段の敵の動きについて

・部屋内にいる場合
通路をランダムに選びます 予測しやすい動きですね 直前に進んだ進行方向には戻らないので基本的に出てきた通路を再度選ぶことはありません
つるはしや大砲で部屋にあけた空洞も通路として扱われ侵入してくる 部屋に面した水たまりは通路として扱われない

一度決めた通路は変更しない
カドがなくナナメからでも通れる通路でもしっかり正面に立ってから通路に侵入する

ちなみに選択した通路にかなしばりのような障害物がある場合も選択先は変えず詰まる
ただし、せき止められた通路の周囲5マスくらいの範囲でウロウロしだすので
中くらいの部屋程度の広さならいつか別の通路に接触してそちらに流れていき完全に溜まったりしない

部屋の入口マスをせき止めてもその一歩奥の通路の部分をせき止めても同じ
せき止められている通路も敵は普通に選び詰まる


・通路にいる場合
これが他シリーズと特異で「自分がきた方向を除く7方向に進める場所全てから毎回ランダムで選ぶ」がシレン3の法則

基本的に通路はまっすぐ伸びていて前方と後方の2方向にしか進める方向はありませんが水路が絡むと進める方向は大きく増えます
146002.jpg
浮遊や水棲系の敵はもちろん水の部分全域を方向選択にするので水たまりで迷子になりやすい (↑水路でどこにでも行こうとするガイコツまどうの図)
シレン3で水に面した通路を渡るとき水・浮遊系に出会いやすかったり逃げたトドが捕まりにくいのは大体このせい

浮遊系のような敵に終わらず普通の敵も十字路に差し掛かったとき
別のシリーズであったような左折の法則や道なりに直進のルールはなく「真後ろ以外の方向をランダムで選んで曲がる」

他にも水に面した曲がった通路のようなカドのない部分で想定しにくい動きをすることも
146010.jpg 146004.jpg 146005.jpg
146006.jpg

あくまで直前に歩いた真後ろに行かないだけが通路移動のルールなのでナナメ方向が空いていれば
②③のパターンのようにそこからターンしてくる可能性もあります
もちろん①のように普通に前進するパターンもある
通路の入口に壁がなければ④のようなナナメ後方を敵が選んで通路に入ったのに即引き返していく光景をヲチミヅ峠で見たことがある人も多いでしょう

ちなみに次に進む道が分岐しているマスにたどり着いたらその場で向きを変えることがある
しかし、次のターンで進む方向と現在の向きは全くの無関係なのでまどわされないように 透視やあかり状態で見かけることがある

ここまでの仕様を理解すれば一番上のオトト兵の画像の次の進行方向がどうなるかわかりますね
正解は「上下と右側3方向の合わせて5方向どこにでも向かう可能性がある」です うん、予想できても結局全く絞れていませんね


次はシレンを発見した敵の行動について
通路に逃げ込んでも敵がシレンをひたすら正確に追いかけてきます その状態ををここでは追跡状態と呼ぶことに

追跡状態の条件
部屋内と通路内で追跡状態になる条件が分かれています


・部屋内の敵が追跡状態になる条件
敵がシレンの周囲2マス以内の範囲に到達したとき
146007.jpg

相当接近されなければ追跡状態にならない
3マス以上離れている状態で通路の奥に引っ込んでも追跡状態でないため正確に追ってこない
(部屋内における通路の選択でシレンのいる通路を選んだならもちろん寄ってくることになるが)

めまわし大根のような射程短いが部屋で戦いたくない場合とかに 2マス以内まで引きつけて通路に誘導する程度の使い道かな
あとは通路で特技を使わないすりガラス系の下位種を逃さないように意識できますね

基本プレイとしてはここまで近くに引きつけて通路内で殴る意味も薄いので
そのまま部屋で戦うかすぐ通路に下がって現在の通路を選んでくれることを祈りながら早急に通路の奥に後退のような選択を取りますね
スカイドラゴンのようなギリギリ引きつけるまで待っていられないような特技相手には活用できなさそう


・通路内の敵が追跡状態になる条件
シレンに通常攻撃を当てること
シレンを見ながら1歩近づくこと
 (通路のカドごしに見える敵が隣接しにいく状況)

シレンに一歩近づいたり隣接して一撃くらわせた時点で追跡状態になります 攻撃を空振りしたり特技を使うだけだと追跡にはならない

まあ通路内で出くわした敵相手に追跡状態か否かはそこまで重要になる場面はありませんが
一応ばったり出会っただけの非追跡の敵は後退していれば前述した通路内の敵の動きにより
7方向のシレンのいる位置以外に進行可能な空間があればそちらの方向を選択してどこかに行ってくれる可能性もあるというくらいの使い道があったりなかったり

ちなみに戦車の砲撃は特技扱いらしく通路で打たれても追跡状態にはならない だからどう使えというのかはわからない



追跡状態を解除する方法について
・敵から4マス以上離れる
・シレンが移動以外の方法で位置を変える
 (飛びつき、場所替え、マルジロウ等)
・敵の侵入不可能な場所に入る (主に壁抜けの腕輪について、聖域は除く)

敵から4マス離れる、すなわち3マス離れているときにシレンが後退した瞬間から追跡は解除されます
追跡状態の前提が周囲2マス以内に接近させることだったり隣接で攻撃をくらうことでしたが壁抜けによるカドぬけで距離を取れば一応追跡解除できる
他にはすばやさ草による倍速で距離がとれるがそれ使うなら殴って倒してますね

敵が侵入できない場所に入った時点で追跡は解除される
146008.jpg
主に壁抜けの腕輪で生じるもの 上の画像のように安全地帯に籠もっていても敵が留まらないため一方的に殴り続けられない
マゼルン合成を安全にしようとこんな工夫して逆に装備を食い逃げされてピンチにならないように注意

もちろん壁抜けで壁の中に入ってもその瞬間から追跡は切れる 壁の中から敵に隣接しても追跡されない (シレン4や5のようについてくることはない)
ついてこないので壁ダメージ1回分で敵を撒きやすいがマップが広く透視もまずないシレン3で目の前の敵を放流するリスクはあまり負いたくない



追跡解除後の敵の挙動について

通路内なら
自分がきた方向を除く7方向に進める場所からランダムに進む
これは特にいうことなし

部屋内なら
次に進む通路を選ぶ

部屋内の敵はギリギリまで引きつけないと追跡状態にならない上
そこから3マス距離とったり壁に入るという状況にはなりにくいので
ここではシレンを発見中の非追跡時の敵がシレンを見失った状況をメインに書きます

次に進む通路を選ぶ」 これに注釈をいれると
①、敵が通路を選ぶタイミングは部屋に入ってから一歩動くタイミング
②、①の一方動くタイミングで敵からシレンが見られている場合、その敵は次の通路を選ばずシレンに接近する
③、一度次の通路を選んだあとの敵がシレンを発見するとそちらに接近するが選んだ通路は記憶されている

シレンが通路の奥に下がり敵から見えなくなった時に敵がそこから新しく通路を選ぶか、すでに決めていた通路に舵を切るかの違いですね

敵が進む通路を先に決めていて それがシレンのいる通路でないならばそこから
シレン顔出す→シレンを発見→シレンに近づく→追跡状態の範囲に来る前にシレンが身を隠す→敵は別の通路に引き返す→シレンが顔を出す
といった形でハメられないこともない

しかし↑の繰り返しで通路に引き返えさせる行動を何回も繰り返すと 新しく通路を選び直すので完全にはハマらない
調べて見つけた中で一番めんどくさいと思った仕様 素直に法則通りにハマってくれよ
ちなみにこの新しく選び直すタイミングもランダム、最低3回は同じ通路を選ぶことが保証されている 平均4.5回目くらいで選び直す


その他 壁抜けや聖域の安全地帯について
敵が侵入できない場所にシレンがいると追跡状態が解除されどこかに行くと書きましたが
聖域の巻物は別で隣接したらその場から一歩も動かなくなる 周囲をウロウロすることもない

壁抜けの腕輪を使った安全地帯だが部屋に面した位置に作って敵から常に見えるようにすればその部屋に敵は溜まっていく
146009.jpg
この場合は周囲5マスまでの範囲をウロウロするがシレンが一方的に攻撃できる1マスには来ない
そばに通路があればあふれて出ていくこともあるが基本的敵はどんどん溜まっていく


以上が私の調べ上げたシレン3の敵の法則でした
使えるものといえば通路までおびき寄せたい敵をどこまでシレンに近づけられるかの境界が引けるくらいですかね

半分も調べないうちに「あ、これランダムだらけで知ったところで敵を思い通りに誘導するのは無理だなあ」という感想を持ちました
それでも最後まで調べたのは未知に対する好奇心ですかね
ランダムだらけな中でもわずかな法則を試行錯誤で探していくのはまあまあ楽しかったです

私ができるのはここまでです
あとはシレン3のコアな部分であるこんな記事を閲覧するほどシレン3がとーても大好きな有識者のみなさまが応用して良い使い方を編み出してくれると私は信じています!
もしなにかいい使い方が思いつきましたらぜひ教えてくださいね


関連
風来のシレン 知識8 敵の挙動 敵の視界 決定版
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.